山本和真個展「Formless Sky」

絶えず変化する雲、カラフルで甘いフルーツ、明るくポップな画面に漂う不穏で不安定な感覚。
マティス、カラヴァッジョ、トランスアヴァンギャルド、最近は歌川広重にも影響を受け、
新しいビジュアルを追い求め進化し続ける山本和真が自由で美しく、捉え所のない空のシリーズから最新作約10点を発表。

2022年12月3日(土)-25日(日)
1-7 pm

休廊日:月・火・水曜日
入場無料
オープニング・レセプション:12月3日(土)5-7pm
*オープニング・レセプションはどなたでもご参加いただけます。

作品リストはこちらからご覧いただけます。

山本和真《Formless SKY1》, 2022年, キャンバスに油彩・アクリル絵具, 162x162cm (S100)

下北沢アーツは、山本和真個展「Formless Sky」を開催いたします。

山本和真は1998年東京都生まれ、現在東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻に在学中です。
大学1年の頃より、現代的なコンセプトと卓越した画力で注目され、個展やグループ展などで積極的に作品を発表している注目の若手作家です。

山本はこれまでインターネットでときに露悪的に拡散されるミーム(meme)やホラー映画などから着想を得、愛らしさと不穏さを共存させた作品を制作してきました。誰もが知っている有名キャラクター、見覚えのある広告表現、神話や宗教などから幅広いモチーフを用い、ポップでありながら居心地の悪い画面を創り出します。

本個展では初めて単一シリーズ「Formless Sky」からの作品を展開いたします。晴れた空に同化するような人型のダウン、そこにカラフルなフルーツが浮かぶ一見明るい絵画空間。しかし、爽やかな空に得体の知れない存在と毒々しいまでに鮮やかな果物が浮かび、鑑賞者は巧みな表現に魅了されると共に山本が企てた「居心地の悪さ」に捉えられるでしょう。そしてそのインパクトにも拘らず、不思議と重さを感じさせない画面は、現代的な感覚で描く山本の作品の特徴の一つであるといえます。

アンリ・マティス、カラヴァッジョ、サンドロ・キアらトランスアヴァンギャルド、ジグマー・ポルケらドイツ新表現主義、最近は歌川広重など浮世絵にも影響を受けながら、新しい表現を模索し続ける山本和真の今をぜひご堪能ください。


作家ステートメント

描かれているダウンを着た人型の何かは、常に形が定まらない空と雲、雲の上から私たち人間を観察する神のような存在のイメージ両方を重ね合わせている。
もうひとつのモチーフのフルーツはその糖度やカラフルな色と形で、人間だけでなく動物や虫をも「誘惑」する性質持つことから、鑑賞者を誘引するために使用した。
メインビジュアル《Formless SKY1》に描かれているの手の印は、命を引き延ばす「普賢延命法」という呪法であり、人間が長い間求め続ける不老不死を可能にする修法の一つとして知られている。その印により、人間が長い間抱き続けている欲望を刺激し、引き込まれるようなイメージを鑑賞者に与えたかった。 
空に紛れ姿が不明瞭でありながら絶対的な力を持ち、私たちに人間よりも高次な存在を意識させる存在者への恐ろしさと不気味さの中に、明るくカラフルで甘いフルーツを散らばらせることで甘い罠に誘い込まれるような異質で不安定な空間を作りたかった。

山本和真《Formless SKY3》, 2022年, キャンバスに油彩・アクリル絵具, 100x80.3cm (F40)
山本和真《Formless SKY6》, 2022年, キャンバスに油彩・アクリル絵具, 60.6x72.7cm (F20)
山本和真《Formless SKY7》, 2022年, キャンバスに油彩・アクリル絵具, 41x31.8cm (F6)
山本和真《Formless SKY2》(部分), 2022年, キャンバスに油彩・アクリル絵具, 91x116.7cm (F50)
山本和真個展「Formless Sky」展示風景
山本和真個展「Formless Sky」展示風景

山本和真(やまもとかずま)

現代的なコンセプトのもと、卓越した画力で注目される若手作家、個展・グループ展など多数参加。
1998年 東京都生まれ
2022年 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻在学中

個展
2022年
「Banned Toys」(Ritsuki Fujisaki Gallery、東京) 

グループ展
2022年
「Vectored Goth」(Ritsuki Fujisaki Gallery、東京)
「Buried in Affection」(Galerie Supermarkt、東京)
「極薄 inframince」(CON_GALLERY_TOKYO、東京)
2020年
「WASANBON」(Turner Gallery、東京)
「AS ABOVE SO BELOW」(四谷未確認スタジオ、東京)
「A-TOM ART AWARD 2019」(コートヤード広尾、東京)

受賞
A-TOM ART AWARD 2019 青井茂賞

パブリック・コレクション
G ファウンデーション・コレクション(高雄、台湾)